• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリア福岡健診センター
    • お問い合わせ  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

イベント開催報告

  • 2022.05.23 特定技能(介護)職員8人が来日

     社会医療法人雪の聖母会は新型コロナウイルス感染症対策による外国人入国規制の緩和を受け、特定技能(介護)職員の受け入れを再開。2022年4月16日から5月16日までに、計8人のカンボジア人特定技能(介護)職員を受け入れました。8人はそれぞれ介護老人保健施設聖母の家や聖マリアヘルスケアセンターで看護補助者として勤務しながら、日本の医療と介護そして文化について学びます。
     5月23日には全員が揃って井手義雄理事長と面会しました。まずそれぞれに勉強中の日本語で自己紹介を行い、代表してヤン・ソックヒェンさんから井手理事長にカンボジア土産のお菓子を贈りました。井手理事長は慣れない環境に緊張気味の実習生らに向けてクメール語で自己紹介をし、「カンボジアでは仏教が主ですが、当法人はキリスト教の精神を基盤として運営しています。仏教もキリスト教も高齢者を労り、子ども達を大切にし、人間の尊厳をいかに守っていくかという根幹は同じです。ともに働く仲間として、しっかりと学ぶことができるよう全力でサポートします」とエールを送りました。
    外国人実習生来日
    井手義雄理事長とカンボジア人職員たち
    後列左からヴォン・サリムさん、サン・カティヤさん、ゲン・チーヴォンさん、ヌン・ヤップさん、ヤン・ソックヒェンさん、ユン・ソチェターさん、ウン・スレイペッチさん、コット・チャントリアさん

     
  • 2022.04.15 新型コロナ対応で福岡県が聖マリア病院に感謝状

     聖マリア病院(谷口雅彦病院長)は、第二種感染症指定医療機関として多くの新型コロナウイルス感染症患者に対する診療・看護支援を行っています。当院の活動に対し、福岡県から感謝状が贈られました。
     4月15日に当院であった感謝状贈呈式で福岡県保健医療介護部の白石博昭部長は「2020年3月から今日に至るまで、長きにわたり新型コロナの診療活動に尽力されている職員の皆様に心から感謝します。終息にはまだ時間がかかるが、引き続き県庁と力を合わせて対策に取り組んでいただきたい」と話されました。当院を代表して感謝状を受け取った谷口病院長は「スタッフが頑張ってきた証。この感謝状に恥じないように、これからも職員一丸となって地域医療を支えていきたい」と決意を語りました。
    白石福岡県保健医療介護部長(左)と谷口聖マリア病院長(右)
    白石福岡県保健医療介護部長(左)と谷口聖マリア病院長(右)
     
  • 2021.12.23 市民公開講座 建築家・安藤忠雄さんが講演

     聖マリア病院は12月23日、久留米シティプラザ(久留米市六ツ門町)において市民公開講座を開きました。講師に世界的な建築家の安藤忠雄さん(東京大学名誉教授)を迎えた講演には、事前予約の市民ら約300人が詰めかけました。
     「これからいかに生きるか〜人生100年〜」と題した講演で安藤さんは、建築家人生のきっかけとなった一人の大工との出会いや、建築家としてのこれまでの活動をスライドに映し出しながら紹介。「一心不乱」に生きることで先が見えること、仕事に誇りを持った人が集まれば仕事が前に進むこと、そして、100年生きることを想定して生きるために「好奇心」を持ち続けることの大切さをエピソードを交えながら伝えました。
     講演の前後に催されたサイン会では、自身の著書の売り上げで子どもたちのための図書館を設計する活動を行う安藤さんが、書籍購入者一人一人に丁寧に応対していました。
    多くの市民を前に講演する安藤さん
    多くの市民を前に講演する安藤さん
    サイン会に参加する島病院長に笑顔で応じる安藤さん
    サイン会に参加する島病院長に笑顔で応じる安藤さん
  • 2021.11.02 聖マリア合同慰霊祭を執り行いました

     聖マリア病院を有する社会医療法人雪の聖母会は11月2日、雪の聖母聖堂において合同慰霊祭を執り行いました。この慰霊祭は同法人の病院・施設で亡くなられた方々を偲び、また医療の進歩のためにご遺体を献体された方々に感謝する式典で、キリスト教ですべての死者の魂のために祈りを捧げる「死者の日」にあわせて毎年開催されています。
     今年は新型コロナウイルス感染症の影響で規模を縮小しての開催となりましたが、9家族11人のご遺族、聖マリア病院の島弘志院長、檜垣浩一病理診断科診療部長ほか病院職員が参列し、お祈りと献花を行いました。
    祭壇に向かって祈りを捧げるジュセッペ・ピアッツィニ神父(雪の聖母会チャプレン)
    祭壇に向かって祈りを捧げるジュセッペ・ピアッツィニ神父(雪の聖母会チャプレン)
  • 2021.07.13 縁起でもない話をもっと身近に 南薫校区で出張講座

     7月13日 、久留米市南薫校区コミュニティーセンターで当院の出張講座が感染対策実施のもと開催されました。
     講座には75歳以上の30人が参加。ケアプランサービスから在宅介護の実際について、リハビリテーション室からは自宅でできる筋力トレーニングの紹介と実技指導がありました。キャンサーセンターの福澤理香・臨床心理士は、「もしもの時の話し合い」と題して、ゲームを取り入れた講義を行いました。
     「縁起でもない話でも、もしもの時のことを身近な人と考えてほしい」と、「人生会議」の大切さを強調。カードを使った「もしバナゲーム」で、自分の人生観や価値観を考えてもらいました。参加者は「もしバナゲームはこれからの生き方を考えるきっかけになりました」と話していました。

    南薫校区の方30人が参加した出張講座


    人生会議「もしバナゲーム」で自分の考えと向き合う
  • 2020.12.01 外国人研修生のハンさんが来日

     特定技能資格者のハン・スレイニックさんが2020年12月より、介護職(看護助手)として社会医療法人雪の聖母会(井手義雄理事長)で研修をおこないます。ハンさんはカンボジア出身。カンボジア大学で国際関係を学び、英語が堪能です。在学中に日本語を学び、長野県小諸市で技能実習生として1年間過ごしました。
     研修に先立ち井手理事長と面会し「もともと人の面倒を見るのが好きで、カンボジアはこれから高齢化社会になるということもあり、介護に興味を持ちました。研修期間中に日本の生活や介護についてしっかりと学びたい。」と抱負を語りました。

    ハン・スレイニックさん(左)と井手理事長(右)
  • 2020.10.29 久留米市ドクターカー事業に参入

     久留米市ドクターカー事業に2020年11月から聖マリア病院(島弘志病院長)が加わることになり、10月29日、同院で久留米市と久留米広域消防本部の3者による協定締結式がありました。
     締結式では、大久保勉市長、秋吉弘章消防長と島病院長が協定書に署名。島院長は「どこよりも住みたい街を目指す久留米市は充実した医療の街でもあります。久留米大学病院とともに久留米の二つの救命救急センターとして、高度な医療の実現に尽くしてきました。ドクターカー運行では、久留米大学病院、広域消防本部と三位一体となって努力していきたいと思います」とあいさつ。
     大久保市長からは「新型コロナウイルス感染症の対応でも特別な貢献をいただいている聖マリア病院は“断らない救急医療”のプロフェッショナルです。ドクターカーは市民の命を守るのに有益な制度で、運行に力を借りられるのはありがたいです」と感謝の言葉をいただきました。

    ドクターカーの前で(左から)大久保市長、島病院長、秋吉消防長
  • 2019.11.12 プノンペン大学との覚書調印式をおこないました

     聖マリア病院を運営する社会医療法人雪の聖母会とカンボジア王立プノンペン大学は、同大日本語学科に日本の保健・介護の基礎を学ぶ講座を新設することに合意し、11月12日に覚書の調印式をおこないました。
     今回開講する講座では、聖マリア病院の医師や看護師、介護福祉らが講師を務め、人間の体の仕組みや病気の予防、介護の基礎知識などを教えます。同科の学生約600人のうち約50人が受講予定です。

    笑顔で握手を交わすプノンペン大学日本語学科のロイ・レスミー学科長(左)と雪の聖母会の井手義雄理事長(右)
  • 2019.11.09 市民公開講座「動脈硬化と脳と心臓の話」を開催しました

     聖マリア病院は11月9日、外来診療棟2階のホールで市民公開講座「動脈硬化と脳と心臓の話」を開催。市民約100人が参加しました。
     この講座では、命に関わる脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす動脈硬化について専門医が分かりやすく解説。また11月9日は語呂合わせで「119番の日」であることから、久留米広域消防本部の救急救命士の方より救急車の正しい利用法も説明いただきました。会場の外には、血圧測定や頸動脈エコー検査、塩分チェック体験、AED体験など講座に関連したミニコーナーを開設。参加者からは「一般的な健診に加えて脳や心臓の検査も定期的に受けようと思う」「はじめてAEDに触れた。もしもの時にも自信をもって実践できそうだ」などの声が聞かれました。

    参加者からの質問に答える講師陣。左から循環器内科・貞松研二診療部長、脳神経外科・橋川拓郎医師、久留米広域消防本部 救急救命士・稲富健氏


    訓練用AEDを使って操作のポイントを学びました
  • 2019.10.24 第12回マリア・ホスピタル・コンサートを開催しました

     聖マリア病院は10月24日、中央診療棟1階ホールで「第12回マリア・ホスピタル・コンサート」を開催しました。このコンサートは、患者さん、ご家族、地域の方々に癒しの音楽をお届けするために2カ月に1回開催しています。
     今回は同コンサート初のサキソフォン四重奏で、サックス奏者の深町宏さん、小副川美代子さん、山口みずえさん、馬場智子さんの4人をゲストにお迎えしました。それぞれソプラノ、アルト、テナー、バリトンと音域の違うサックスで、ジャズの名曲「A列車で行こう(Take the “A” Train)」やQueenの「ボヘミアン・ラプソディー」、秦基博の「ひまわりの約束」など、バリエーション豊かな曲目を演奏いただきました。

    左から深町宏さん、山口みずえさん、馬場智子さん、小副川美代子さん


    情感豊かなサックスの音色に包まれたコンサート会場
このページの上へ